«
»

刺し身をテーマにNYの料理学校で講習会を行う

邦人若手シェフ、「伊勢すえよし」の田中佑樹さんらが実演

刺し身をテーマにNYの料理学校で講習会を行う

9日、ニューヨークの料理学校で行われた刺し身をテーマとする講習会で実演するシェフの田中佑樹さん(左奧)(時事)

 三重県の食材を中心に扱う東京都港区の料理店「伊勢すえよし」のシェフ田中佑樹さん(30)三重県四日市市出身らが9日、米ニューヨーク市内の料理学校「インターナショナル・カリナリー・センター」で、刺し身をテーマにした講習会を行った。

 米国産のブラックシーバスなどで三枚おろしや五枚おろしを実演。包丁の種類や、魚の寝かせ方のほか、生きた魚の処理方法により鮮度や値段が変わることを紹介した。会場からはひっきりなしに質問が出ていた。

 センターでフランス料理を学ぶ米南部アラバマ州出身のコディ・ロスさん(28)は、「面白かった。生魚というと、きれいにして出すだけなのではと思ってしまうが、実際にはやることがたくさんあることを知った」と語った。

 田中さんは講習会後「以前ニューヨークに来た時、和食店と呼んでいいのかという店があった。(講習で)本来の形を少しでも分かってもらいたかった。もっと紹介したいこともあったが、だいぶ分かってくれたのではないか」と話した。(ニューヨーク時事)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。