«
»

渡名喜島で水上運動会、大正8年から100回目

島内の小中学生・幼児が参加、遠泳や騎馬戦などを競う

渡名喜島で水上運動会、大正8年から100回目

大正時代から続く水上運動会が開かれ、騎馬戦をする沖縄県・渡名喜島の小中学生ら=15日午前

 那覇市の北西約60キロにある沖縄県渡名喜島で15日、大正時代から続く水上運動会が開かれた。今年は節目の100回目で、島内外から約500人が訪れ、水しぶきが飛び散る競技に歓声を上げた。

 運動会は午前7時すぎに開始され、島内の小中学生と幼稚園児28人が参加。唱歌「われは海の子」を歌った後、遠泳や騎馬戦、綱引きなどを競い合った。

 中学3年の渡口成樹さん(14)は「自分たちも楽しめて、観客も楽しめるのが水上運動会の良いところ」と話す。島内には高校がないため、来春には沖縄本島の高校に進学する予定だ。「中学1年のときに、遠泳で800メートルを泳ぎ切ったのが一番の思い出」と振り返った。

 運動会が始まったのは大正8(1919)年。かつて島ではカツオ漁が盛んで、運動会は漁業従事者育成のために開始されたという。太平洋戦争で4回中断になった以外は、毎年開催されてきた。

 渡名喜村の桃原優村長(59)は「先人が受け継いで来た伝統行事。今後の渡名喜の活性化に寄与できればと思う」と語った。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。