«
»

増水ダムからの大量放流、国土交通省で徹底検証

安倍首相が愛媛県の被災地を視察、被災者支援の情報を発信

増水ダムからの大量放流、国土交通省で徹底検証

管家一夫西予市長(右から2人目)から被災状況を聞く安倍晋三首相(中央)=13日午前、愛媛県西予市(代表撮影)

 安倍晋三首相は13日、西日本豪雨で大きな被害を受けた愛媛県を視察した。同県では増水したダムからの大量放流に関し、住民への周知に問題があったと指摘されている。首相は「国土交通省で徹底的に検証し、改善すべき点があれば速やかに改善する」と述べた。宇和島市で記者団の質問に答えた。

 放流が河川氾濫につながったことについて、首相は「現場ではダムが決壊するかもしれないという切迫した状況の中で操作ルールに沿って対応したと報告を受けている」と語った。

 首相は被災者支援に関する情報を集約して発信するため、首相官邸のウェブサイトに特設ページを開設したと説明。医療支援や仮設住宅の準備状況、水道、道路の復旧見通しなどの情報を分かりやすく迅速に伝える狙い。

 首相はこの日、西予市や大洲市の浸水現場の被害状況を確認。宇和島市で避難所になっている公民館に足を運んだ。同市役所で中村時広知事と被災者支援や復旧の在り方をめぐり意見交換した。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。