«
»

平昌パラリンピックの日本選手団、明るく出発

大日方団長は「気持ち高まった」、須藤主将「精いっぱい頑張る」

平昌パラリンピックの日本選手団、明るく出発

羽田空港で韓国への出発を待つ、平昌パラリンピックの日本代表選手団=3日午前

 平昌冬季パラリンピックに出場する日本選手団の大日方邦子団長やパラアイスホッケーの代表選手が3日、羽田空港から韓国に向け出発した。

 見送りに来た知人と歓談したり、日本国旗と一緒に記念撮影したりと明るいムードのパラアイスホッケーチーム。約半数が初出場だが、過度な緊張や気負いはなく、9日の開幕を心待ちにしているようだった。大日方団長は「大会に向けて気持ちが高まってきた」。選手団主将の須藤悟(日本協会)は「精いっぱい頑張ってくる」と誓った。

 アルペンスキーとノルディックスキーの選手は5日に、スノーボード選手は8日に出国予定。大会は18日まで行われる。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。