«
»

来月9日開幕、パラリンピック選手団が結団式

五輪の活躍に続け! メダル目標7個以上

来月9日開幕、パラリンピック選手団が結団式

平昌パラリンピックの壮行会で、笑顔で集合写真に納まる選手ら=26日午後、東京都港区

 平昌パラリンピックに臨む日本選手団の結団式が26日、秋篠宮殿下御夫妻をお迎えして東京都内で行われ、主将でパラアイスホッケー男子の須藤悟(日本協会)は「平昌五輪の勢いを引き継ぎ、私どもも多くのメダルを獲得できるように、素晴らしい大会にしたい」と決意表明した。

 選手団旗は日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長から大日方邦子団長を経て、旗手を担うアルペンスキー女子の村岡桃佳(早大)に託された。

 日本選手団は86人(選手38人、役員ら48人)。前回のソチ大会を上回る7個以上のメダル獲得を目指す。大日方団長は「この目標達成は容易ではないが、選手および役員が一丸となって力を出し切ればきっとかなうと信じている」と述べた上で、「今大会で活躍し、2020年(東京夏季)大会に出場する選手たちへたすきをつなげたい」と力を込めた。

 大会は3月9日に開幕。大日方団長とパラアイスホッケーの選手は同月3日に出発する。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。