«
»

小平奈緒「夢成し遂げられた」、次は世界記録を

金メダル獲得から一夜明け笑顔で記者会見、現役続行を明言

小平奈緒「夢成し遂げられた」、次は世界記録を

金メダル獲得から一夜明け、笑顔で記者会見する小平奈緒=19日、韓国・平昌(時事)

小平奈緒「夢成し遂げられた」、次は世界記録を

金メダル獲得から一夜明け、笑顔で記者会見する小平奈緒=19日、韓国・平昌(時事)

 スピードスケートの女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)が一夜明けた19日、韓国・平昌で記者会見した。この競技で日本女子初の栄冠に輝き、昨季から目標に掲げていた低地リンクでの36秒台のタイムで五輪新記録。「夢に描いていたものを成し遂げられてうれしい気持ち。スケートの楽しさをまた思い出すことができた」と喜びに浸った。メダル授与式は20日夜に行われる。

 31歳での快挙達成。4年後の北京五輪を目指すかに興味は移るが、「まだ所属先と話はしてはいないけど、私としてはもうちょっと滑りたいと思っている」と現役続行を明言した。直近の目標には、銀メダルの李相花(韓国)が持つ500メートルの世界記録(36秒36)更新を挙げ、標高が高く好記録の出やすいカナダのカルガリーで3月に行われる国際大会で挑戦する計画を明かした。

 信州大の同級生で、ソチ五輪代表としてともに戦った住吉都さんが1月、急逝する悲報があった。大会前に大きなショックを受けたが、故人の関係者から「奈緒が金メダルを取ったら私が取ったのと同じ、と生前言っていた」と伝えられて「救われた気持ちだった」と明かした。

 喜びに包まれた小平は、この話に及ぶと「本人の目の前で金メダルを取ったよと報告したかった。それができないのは本当に残念」と涙を見せていた。(平昌時事)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。