«
»

メディア芸術祭で時代(いま)を映す芸術に触れる

 時代(いま)”を映す芸術作品を展示する「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、9月16日から28日にかけて、東京・東京オペラシティタワー内のNTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中。

 同展は、世界88の国と地域から寄せられた4034の応募作品の中から、第20回文化庁メディア芸術祭で受賞を果たした作品を紹介するもの。アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門から、全受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する。

 アート部門大賞のRalf BAECKER氏の「Interface」という作品がギャラリーの最初を飾り、「シン・ゴジラ」に関する展示や、新海誠監督の「君の名は。」の予告映像や背景画の公開、石塚 真一氏の「BLUE GIANT」の音楽を扱った漫画でありながら無音のコマのみの展示という意外性のあるものなど、その内容は非常に多岐にわたるものとなっている。

 功労賞受賞者の関わった物品等も展示されており、サンライズスタジオ(現・株式会社サンライズ)で制作された「機動戦士ガンダム」のガンダムやザクのイラスト、「装甲騎兵ボトムズ」の設定資料、京都のマンガ図書館ですら見られない古い漫画作品や付録のおもちゃなど、当時の息遣いが感じられる展示に圧倒されるばかりであった。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。