«
»

フィリピンで万聖節、お墓参りで賑わう首都圏の墓地

先祖を供養し、家族で楽しいひととき

 毎年11月1日はカトリックの伝統行事である「万聖節」で、フィリピンでは全国的に墓参りが行われる日となっている。日本でもお盆になると墓地はそれになりに混みあうが、大家族が多いフィリピンの場合は、群衆がひしめき合い花火大会か野外コンサートを思わせるような大混雑となる。

 墓前にロウソクや食べ物を供えるのは日本と同じだが、親戚が食事を持ち寄って、一日中ピクニックのように楽しむのがフィリピンスタイルのお墓参りだ。出生率が高いこともあり、墓地は多くの子供たちが駆け回るなど実に賑やか。墓地内では子供が退屈しないようカラーヒヨコが売られていたり、ピザやケバブなど軽食の屋台も出店するなど、その様子はさながら夏祭りといった雰囲気だ。日が暮れても人出は衰えず、むしろ涼しくなる夕方以降も混雑は続く。

 墓地にはまるで一戸建ての家のような大きな墓から、棺が積み上げられたような密集型の墓、雑草に埋もれ水没している墓など、フィリピンにおける貧富の差を垣間見ることができる。万聖節の墓地は、多くの警官や兵士によってパトロールされており、敷地内は意外と危険を感じない。入口には検問があり持ち物検査が行われ、危険物の持ち込みを監視している。フィリピン庶民の生活を肌で感じることができるイベントであり、機会があれば訪れてみるのもいいかもしれない。

(マニラ・福島純一)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。