«
»

煌めく星空に広がる未来 バーチャルマーケット2 Future Terminal

 2019年3月8日、バーチャルコミュニケーションツール「VRChat」にて、仮想空間上の展示即売会「バーチャルマーケット2」が開催された。
これは”2”という名前が示す通り、昨年実施された「バーチャルマーケット」の二回目となる企画である。
この記事では6つある会場の一つ「Future Terminal」内の出展について特集する。

 重厚なテクノサウンドが響く、網目のような壁面が張り巡らされ青いオーブが中央に浮かぶ宇宙基地の様なワールドが会場となっている。
このワールドは上下様々な階層に分かれており、展示ブースも存在する通路からテレポーターを使って階層を移動する事が出来る。
ワールド全体が吹き抜けの構造になっているため、上層下層を問わず様々な角度からワールドを観察する事が出来るのも特徴だ。

 Future Terminalの展示はサイバー、近未来となっており、SFチックな要素が散りばめられたブースを巡る事が出来る。
会場のそこかしこに巨大な人形のロボット、あるいはヒューマノイドの展示が行われており近未来感溢れる武器や装飾が見られた。
「VR放送局VRoadCaster」の様なYoutube放送メディアの展示も行われており、参加者が司会者になりきって遊ぶ光景も。
屋上ではイベントである「パーティクルライブ」が行われており、360度の空間を音に合わせて光が埋め尽くす演出を楽しめる。

 バーチャルマーケット2はこのVMエントランスで終わるわけではなく、この会場はその名の通りのエントランスとなっている。
ここから各会場である「VMエントランス」「バーチャルミュージアム」「異世界マルシェ」「モクリバザール」「絢爛博覧会」へと移動する事が出来る。
当記事でも各会場の記事へのリンクを以下に掲載するので、ぜひ各会場の記事も見ていって頂きたい。
(写真・動画と文章:市村龍二)

[VMエントランスへ]

[バーチャルミュージアムへ]

[異世界マルシェへ]

[モクリバザールへ]

[絢爛博覧会へ]

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。