ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

マニラで夏の祭典「アリワン・フィエスタ」

 本格的な夏季を迎えたマニラ首都圏で毎年恒例の祭典、「アリワン・フィエスタ」が4月26日から28日まで開催された。この催しはフィリピン全国のお祭りが一堂に会するというもので、今年も各地から多くの団体が集り、ダンスを中心とした美の競演を繰り広げた。

 7000以上の島々で構成される島嶼国家のフィリピンは、地方ごとに言語が異なり、独自の文化が存在する。スペインの植民地時代を起源とするキリスト教に加え、南部ミンダナオ島ではイスラム教が根付き、さらに山岳地には先住民族も存在し、各地の文化や風習に根ざした多種多様なお祭りは、フィリピンにとってかけがえのない観光資源となっている。

 遠く離れた各地のお祭りが一度に見られるということもあり、夏の強い日差しにも関わらず、会場には多くの見物客や写真愛好家が毎年のように訪れる。特に各地のダンスチームと、工夫を凝らした山車が練り歩くグランドパレードは、アリワン・フィエスタの目玉となっており、パレードが行われるロハス大通り沿いには人垣ができるほど。

 パレードはマニラ市のルネタ公園から、パサイ市のフィリピン文化センター近くの特設会場まで続き、最後は優勝チームの授賞式が行われてフィエスタ(お祭り)は最高潮を迎える。

(マニラ・福島純一)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。