«
»

行き過ぎた「分析知」の弊害

加藤 隆

孤独に苛まれる子供たち 「関係知」の知恵語る梵我一如

名寄市立大学教授 加藤 隆

 我々がよく目にする植物について二つの言い方で描写してみたい。一つ目。「典型的な場合、雌蕊(しずい)は1本、雄蕊(ゆうずい)は6本。6枚に分かれた花びらと、中心に筒状の花びらを持つが、6枚に分かれている花びらのうち、外側3枚は萼(がく)であり、内側3枚のみが花弁である」。二つ目。「白い一片の雲のように、私は独り悄然(しょうぜん)としてさまよっていた。すると、全く突如として、眼(め)の前に花の群れが、黄金色に輝く夥(おびただ)しい水仙の花の群れが現れた。湖の岸辺に沿い、樹々(きぎ)の緑に映え、そよ風に吹かれながら、ゆらゆらと揺れながら、躍っていたのだ」。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。