«
»

自主憲法の制定を急げ

竹田 五郎

自衛隊の「基礎体力」減衰 祖国防衛の任務も明示を

軍事評論家 竹田 五郎

 米誌「ニューズウィーク」日本版8月15、22日夏季合併号は、「日本の未来予想図」と題し、「今から約100年前、1920年(大正9年)の日本の人口は5600万人だった。1憶2700万人にまで増えた日本人」だが、急速な「少子高齢化で迫りくる人口大減少、国際舞台で現在の影響力を維持できなくなった日本の未来像は中国の衛星国か? 近づく恐ろしい未来に日本人がどう立ち向かうべきか、『窮地に活路』を示す」とし、次のような未来予想を提示している。中国の機嫌を伺う衛星国か、平等な世界における中堅国になるか、日本の運命を握るのは中国とアメリカ、日本の指導者である。日本の先進国陥落は間近、戦後幻想の終焉(しゅうえん)と断定し、少子高齢化、人口減少で社会の変化、日本の未来を予想し、特に、経済、国防について詳述している。要約すれば次の通りである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。