«
»

映画「ハクソー・リッジ」を見て

宮城 能彦

米軍の視点で沖縄戦描く 沖縄県民として複雑な思いに

沖縄大学教授 宮城 能彦

 去年の末ごろから、沖縄本島中部にある浦添城址(じょうし)に行くと、私服姿のアメリカ兵やその家族を見掛けるようになった。同じ沖縄本島でも、沖縄市やうるま市とは異なり、南部地域や那覇市・浦添市で米兵を見掛けることは珍しい。

 いったい何があったのだろうと不思議に思っていたが、しばらくすると、映画「ハクソー・リッジ」を見た米兵たちが現地に見学に来ているのだということが分かった。映画の沖縄における上映は7月からであったが、アメリカではすでに昨年11月から上映されていたのだ。

 ご存じの通り、「ハクソー・リッジ」はメル・ギブソンが10年ぶりにメガホンを取った映画で、舞台は1945年の沖縄戦である。衛生兵デズモンド・ドスの実話ということが話題になり、第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。