«
»

危機に安倍政権誕生の幸運

ペマ・ギャルポ

中国暴走に毅然と対応

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 2013年も世界日報の編集関係者はじめ、読者の皆様には大変お世話になり御礼申し上げます。2013年はアジアの情勢も激しく動いた1年であった。幸いに日本では安倍内閣であるがために十分にこの危機的状況にしっかりした対応ができたように思う。中国の非合法的一方的な防空識別圏の宣言に対しても毅然(きぜん)とした対応ができた。これが軟弱な政権であれば大変なことになったに違いない。

 本来、専門家の予測では21世紀はアジアにとって輝かしい世紀になるはずであった。この予測は部分的には当たっていた。中国とインドが20世紀後半から21世紀の初め、経済的にも軍事的にも、あるいは宇宙開発の面においても飛躍的な発展を遂げたという点では、まさにアジアの時代の到来の予兆というべきものを感じさせた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。