«
»

平和を守るために改憲を

竹田 五郎

国防は憲法に制限されず 佐伯氏、朝日で9条の矛盾指摘

軍事評論家 竹田 五郎

 5月3日、朝日新聞朝刊は憲法施行70年を回顧し、「この歴史への自負を失うまい」と題し、次のような要旨の憲法改正反対の社説を掲載している。

 1947年5月3日「新しい憲法、明るい生活」と題する小冊子2000万部が全国の家庭に配布され、新時代に生きる国民に「頭の切り替え」を求めた。施行から70年、憲法は国民の頭には定着したかにみえるが、為政者には残念ながら否である。安倍総理は70年の歩みへの「静かな誇り」を語り、「今こそ、憲法の『普遍的価値』を、心に刻む」とも語ったが、額面通りには受け取れない。総理自身の言葉の数々がその本音を雄弁に語る。「今こそ憲法改正を含め、戦後体制の鎖を断ち切る」等、現憲法の不備を述べている。安倍政権の下で憲法は今、深く傷付けられ、未曽有の危機にある、と断定している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。