«
»

トランプ氏の権限委譲型安保

加瀬 みき

文民統制とは相いれず いまだ示さぬ包括的ビジョン

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 6月半ば、ジェームス・マティス米国防長官はアフガニスタン駐留米軍規模決定権を大統領に与えられたと発表した。その約1カ月前には、マティス長官はシリアおよびイラクにおける米軍規模決定も任された。

 トランプ米大統領はマティス長官を非常に高く評価し、畏敬の念を抱いているとも言える。また大統領候補時代から軍の強化、予算の増加を訴えてきたが、予算案では国務省などが大幅に予算を削減されるのに比べ、国防予算は10%の増加となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。