«
»

西郷隆盛の生きざまに学ぶ

加藤 隆

新渡戸・内村が称賛・心酔 勇気と品性教えた薩摩教育

名寄市立大学教授 加藤 隆

 明治のキリスト教徒として国内外に知られた新渡戸稲造と内村鑑三が、期せずして同一人物を第一級の日本人だと称賛してやまなかったのは興味深いことである。その人物とは西郷隆盛である。新渡戸は明治32年(1899年)に英文で発刊された有名な著書『武士道』の中で、西郷を典型的な一人の武士として称賛している。つまり、武士道の中核は西郷だというのだ。そして、内村もまた、明治41年(1908年)に『代表的日本人』を著し、そこで取り上げた5人の日本人の最初に西郷を立てている。「ある意味では1868年の日本の維新革命は西郷の革命であったと言えるのではないだろうか」という表現にも内村の心酔ぶりを見ることができる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。