ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

終末迎える翁長沖縄県政

西田 健次郎

オール沖縄の矛盾露呈 訴訟連発も勝ち目全くなし

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 筆者は、本欄で十数回にわたり翁長沖縄県政の異様な実態を厳しく批判してきた。偽り団体の「オール沖縄」の論理矛盾が露呈し翁長知事の求心力も化けの皮がはがれ、いよいよ終末を迎えている。これまでの拙稿を振り返りながらオール沖縄の崩壊を予見してみる。

 ①菅官房長官と安慶田光男副知事(今年1月辞任)は、政治の駆け引きでは「匠(たくみ)」である。十数回の密談が始まった時に筆者は、当時ロビン・フッド並みの人気者に成り上がっていた翁長知事のメンツを立てておけば、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事が2~3年遅れても日米は了解するシナリオで着地すると公言した(2016年10月6日付ビューポイント)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。