«
»

空き家数激増の現実直視を

尾関 通允

人口希薄の悪循環反映 国力の大幅減退に歯止めを

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 全国合計で空き家の数が820万戸にもなっている―と某ラジオ局の報道で知って、筆者は驚いた。昭和35年に登場し翌36年度から推進した池田勇人政権の経済高度成長政策が次第に軌道に乗り、敗戦の痛手でエンゲル係数が20を超す貧困のドン底から次第に明るさを取り戻しつつあった昭和30年代末期から40年代にかけても、こと住宅に関しては再建の立ち後れがひどかった。

 何しろ京都府と奈良県を除き、東京都の都市部ほか各府県の主要都市は、米国空軍の爆撃に次ぐ爆撃で焼失または破壊し尽くされている。それに加えて、海外からの家族ぐるみの帰国者と戦地からの帰還兵が多数で、住宅不足に拍車を掛けているのが実情だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。