«
»

「航行の自由作戦」と日本

小林 宏晨

豪印と共に参加検討を 中国による現状変更認めず

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 2015年10月27日、アメリカのミサイル駆逐艦ラッセンは、中国が埋め立てた前哨基地スービ礁から12カイリ以内の航行を開始した。スービサンゴ礁は、中国が1988年以来占領し、埋め立て、2014年には約4平方キロの前哨基地となった。この「航行の自由作戦」(FONOP)開始に際してのアメリカの公式発表は、「国際法に適合した通常の出動であり、南シナ海における対立する領土請求権に対する結論を表明するものではない。しかし、この『航行の自由作戦』は、アメリカがこの海域における航行の自由の制限を受け入れないことを顕示するものである」とした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。