ワシントン・タイムズ・ジャパン

明治憲法起草助言者モッセ

佐藤 唯行

ユダヤ系学者の国作り

獨協大学教授 佐藤 唯行

 憲法制定は明治日本の威信をかけた一大事業であった。それ故、維新の元勲、伊藤博文自身が勅命を奉じて憲法起草準備のため9カ月間にも及ぶ欧州への調査旅行に赴いたのだ。

 1883年のことである。伊藤はドイツ憲法を手本とし、それを日本の国情に合うよう脚色するつもりであった。封建的遺制を残した後発の列強でありながら普仏戦争の大勝により、急速に国威を発揚しつつあるドイツこそが日本のモデルにふさわしいと考えたからだ。

 伊藤は欧州で多くの法学者から憲法学の講義・助言を受けたが、最も長時間聴講したのがアルベルト・モッセ(1846~1925)の講義であった。当時、ベルリン市裁判所の判事だったモッセは日本公使館の顧問を務めたのが縁で白羽の矢が立てられたのだ。44日間にも及んだモッセの講義はドイツ語が苦手な伊藤のために、通訳が日本語に訳し、それを書記が邦文で記録する形式が採られた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。