«
»

積極的平和主義と不戦の誓い

竹田 五郎

自衛戦争禁じぬ不戦条約 国連は集団安保で平和維持

軍事評論家 竹田 五郎

 昨年12月27日、安倍総理とオバマ米大統領は真珠湾を訪れ、アリゾナ記念館で挙行された、日本海軍の奇襲による犠牲者の慰霊祭に出席し、慰霊の誠を捧(ささ)げた後、対岸の埠頭に待機する多数の参加者に対し、並立して、各自約15分間、講演した。日本の中央各紙は、その全文を掲載した。両者の趣旨は同じである。

 要約すれば、まず、この奇襲による犠牲者を顕彰し、その後、激闘した日米相互が、寛容と和解の価値を認め、強固な同盟を築き上げた。しかし、世界には、大戦後も戦争の惨禍は絶えず、憎悪が憎悪を招く連鎖を断つように、今こそ寛容の心、和の力を必要とするとし、日米同盟はその範であれと強調している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。