«
»

少産多死社会を迎える日本

加藤 隆

多層的死生観の回復を 「生きる力の育成」が可能に

名寄市立大学教授 加藤 隆

 多面的なデータの分析によって、これからの社会の在りようが予測できる時代になった。たとえば、国立人口問題研究所の統計によると、日本の出生数は1947年の270万人から減り続けており、2015年は84万人で、この減少率から推測すると25年の出生数は73万人だという。一方、死亡数はある時期までは横ばいが続いていたが、この20年間は増加の一途を辿(たど)っており、1995年の死亡数が75万人だったものが2015年には130万人に倍増している。この増加率から推測すると25年の死亡数は153万人だという。日本が少産少死社会から少産多死社会へと確実に移行していることが読み取れる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。