«
»

EUとの対立深めるトルコ

小林 宏晨

集会禁止措置に猛反発 シリア難民引き取り拒否も

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 トルコでは、従来の議会制民主体制を大統領制政治体制に変更し、大統領の権限を大幅に強化する憲法改正を目指す国民投票が4月16日に予定されている。トルコの現エルドアン政権は、この憲法改正国民投票を成功に導くために、なかんずく欧州連合(EU)在住のトルコ人の説得を目指して多くの閣僚を演説目的で現地に送り込もうとしている。この試みは必ずしも成功していないどころか、トルコとEU諸国、とりわけドイツ、オランダ、オーストリアおよびデンマーク諸国間の深刻な対立の原因となっている。

 国民投票の対象とされる改正憲法によれば、大統領に権力が集中し、大統領のほぼ無制限の権力行使が可能になっている。例えば、


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。