«
»

「反イラン軍事同盟」構想

佐藤 唯行

スンニ派アラブを結集 密使クシュナー氏が裏工作

獨協大学教授 佐藤 唯行

 2月中旬に訪米したイスラエルのネタニヤフ首相がトランプ米大統領との間で話し合った重要案件の一つが対イラン政策であった。

 彼らがイランの喉元を締め上げるために目下、ひそかに進めているのがアラブ諸国に対する「反イラン軍事同盟」の呼び掛けである。呼び掛けの対象はイスラム教スンニ派のアラブ諸国だ。同じイスラム教とはいえ、スンニ派はシーア派のイランとは長い抗争の歴史があり、今でも仲が悪いのだ。「同盟」参加が最も容易なスンニ派諸国はエジプトとヨルダンだ。両国とも既にイスラエルと平和条約を結んでいるし、公式な外交関係も樹立しているからだ。一方、サウジアラビアやアラブ首長国連邦等ペルシャ湾岸のスンニ派産油国は参加のハードルがやや高い。けれど近年、イスラエルとの間で信頼関係を慎重に構築しつつあるのだ。情報の共有化やイスラエル製ハイテク兵器購入による安全保障面での連携である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。