«
»

進展なかった日露領土交渉

中澤 孝之

見解の相違物語る「声明」 双方の発表文の中身に齟齬

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 旧年師走半ばの2日間の日露山口・東京首脳会談についてロシアでは、領土問題で譲らなかったのに日本から経済協力を得たということで、「ロシアの外交的勝利」との満足感が漂ったという。ロシアの有力紙は「シンゾー・アベの計画はうまくいかなかった」との書き出しで、長時間の会談にもかかわらず、アベが国民に示すことができた成果は北方領土での共同経済活動だけと皮肉った。対日交渉でプーチン外交は得点を重ねたわけだ。その「北方領土での共同経済活動」(以下「活動」)について、やや詳しい分析を試みる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。