«
»

幕末に見る「触媒」の重要性

加藤 隆

蘭人教師に感銘受けた勝 勝との邂逅で龍馬の人間変容

名寄市立大学教授 加藤 隆

 勝海舟はわが国で最初に讃美歌訳をした人物であることをご存じだろうか。「ローフ・デン・ヘール」(主を誉(ほ)めよの意)というオランダ語讃美歌を訳している。彼はまた、1860年(万延元年)に咸臨丸の艦長としてアメリカに渡ったとき、遣米使節団とは別行動をしてサンフランシスコにとどまり、毎週のように日曜礼拝に出席していたことを後年回顧している。

 同様に、幕末の主役の一人である坂本龍馬もまた、キリスト教の影響をみることができる。長年意を通じ合ってきた同じ土佐藩士の佐々木三四郎は、龍馬の言葉を次のように日記に認(したた)めている。「大政奉還の構想もしならずば、耶蘇教を以って人心を動かし、幕府を倒さん」と。龍馬が暗殺される3カ月前の67年(慶応3年)8月30日付の日記である。長崎を拠点にしていた龍馬は、隠れキリシタンが大勢存在することを何処(どこ)かで知っていたのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。