ワシントン・タイムズ・ジャパン

トランプ政権警戒する中国

ペマ・ギャルポ

蔡総統との電話に衝撃 日露の関係進展にも焦燥感

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 2016年はプーチンロシア大統領とトランプ次期アメリカ大統領が世界の注目を浴びた年でもあった。プーチン大統領はアメリカのフォーブズ誌で4年連続世界で第1位の最も影響力のある人物として選ばれている。次期大統領であるにもかかわらず第2位の最もパワフルな人物にはトランプ氏が登場している。2人とも個性が強く頑固な印象を与えている部分は共通している。世界にとってドナルド・トランプ氏がアメリカの第45代大統領に選出されたことで、どのような影響があるか百パーセント予測することは不可能だが、少なくとも既に彼の選出で世界が激震したことは事実である。個人的には次期大統領に選出されてからの言動つまり閣僚などの人選や、まめなツイッターで世界に発信する無計画のようで極めて戦術的な発言を見る限り、期待できるように思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。