«
»

地震から半年、復興途上の熊本

濱口 和久

防災体制の脆さを露呈 有事に問われる首長の指導力

拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長 濱口 和久

 熊本地震が起きてから半年が経った10月14日、私は熊本空港に降り立ち、16日まで熊本に滞在した。熊本空港は地震によって、空港ビルの天井の一部が崩れるなどの被害を受けた。いまだに壁にヒビが入っている箇所もあり、改修工事が行われている。

 熊本地震では震度7の揺れを2度記録し、震度1以上の地震が4887回(10月14日時点)を数える。震災関連死を含めた死者数は110人。熊本県の試算では、被害額は3兆7850億円になるという。

 熊本のシンボルである熊本城も、天守や重要文化財の櫓(やぐら)や石垣に大きな被害が出た。熊本城総合事務所によると、熊本城の被害額は634億円。熊本県出身の私は、変わり果てた熊本城の姿にすごいショックを受けている。特に天守の姿は、見るに堪えない状態だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。