«
»

旧皇室典範を復元改正せよ

小山 常実

違法に作られた「新典範」 国際法や帝国憲法にも違反

大月短期大学名誉教授 小山 常実

 天皇陛下の譲位問題がきっかけとなり、現行「皇室典範」(以下、「新典範」と言う)の改正問題が再浮上しています。しかし、中身がどうであれ、「皇室典範」の改正に反対です。それは、「新典範」というものが、偽物の存在であり、無効の存在だからです。

 では、何故に無効なのでしょうか。内容面からも無効であると言えますが、ここでは作られ方に注目して、無効理由を挙げておきたいと思います。本当に、「新典範」は無法の極みとも言える作られ方をしています。成立過程については、「日本国憲法」の場合はまだしも不十分ながらも研究されてきましたが、現行「皇室典範」の場合は本当に研究が進んでいません。それでも、その作られ方の出鱈目(でたらめ)さは十分に知ることができます。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。