«
»

楽観できない習近平軍事改革

茅原 郁生

見えてきた党軍間の軋轢 習氏「依然、非常に困難」と吐露

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 習近平政権になって34回目になる党中央政治局の集団学習が去る7月28日に開催された事実とその様子を伝える新華社電が『月刊・中国情勢』(中国通信社、9月号)に転載された。「集団学習」は、2002年からほぼ定期的に開催される政治局委員の勉強会で、専門家からブリーフを受けるとともにトップの意向を確認・共有する狙いで続けられている。習近平政権下でも約2カ月に1回の割で開催されており、そこでの発言から習主席の考え方の方向性や重点を探ることができる。

 今次の集団学習では、「国防・軍隊改革深化(軍改革深化)」がテーマで、習主席から「軍改革深化」は第18回党大会以降、党中央は非常に重視し、全面的な小康社会実現と中華民族の偉大な復興につながる戦略目標に位置付けられたことが強調された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。