ワシントン・タイムズ・ジャパン

戦闘機輸出で露中が駆け引き

乾 一宇

自称国産追い続ける中国 コピー警戒も売却決めた露

ロシア研究家 乾 一宇

 経済大国中国も、ハイテクの近代兵器には欧米やロシアに及ばない面が多々あるようだ。

 ロシアと中国の関係を知る一つの指標として、ロシアから中国への兵器の移転について、空軍の戦闘機を主体に見てみたい。

 中国の兵器は、欧米の兵器に比べ10~20年遅れていると言われる。また、ロシアは中国に対する兵器移転に関し、最新鋭ものは提供せず、技術格差を10~15年に維持することを基本としてきた。

 ソ連時代から中国は、ロシアの武器を装備していたという歴史、価格が安価であったり、さらに1989年の天安門事件による制裁もあったり、さまざまな理由からロシアに依存してきた。それに、何といってもお家芸のコピー製品をものにするには、ロシアの兵器はあまり高度ではなく、それでいてそう低くもないという格好の技術水準だったのかもしれない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。