ワシントン・タイムズ・ジャパン

尖閣防衛に真剣に取り組め<English付>

ロバート・D・エルドリッヂ

戦争を準備する中国

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 最近、中国の漁船数百隻と海警局の公船が日本の接続水域に侵入していることで、尖閣諸島の状況が注目を集めている。ところが、これは今に始まったことではない。問題が新しい段階に入ったのであり、言い換えれば、「尖閣物語」とでも呼べる本の次章の始まりである。本のページ数のように、話は厚みを増し続けている。

 実際、物語は日本にとって不利な展開になるということは少なくとも筆者には以前から明らかだった。過去8年、学術会議、2カ国間会議、あるいは、政策提案の形で警告してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。