«
»

戦略原潜基地建設急ぐ中国

杉山 蕃

仲裁裁の判決を無視

元統幕議長 杉山 蕃

 南シナ海問題に対し、7月12日注目の仲裁裁判所の判決が下され、提訴国フィリピンの主張に沿った内容の結果となった。中国の一方的活動、主張は、客観的に目に余るものであり、国際的な反応は、「当然の判決」と歓迎する向きがほとんどと言えるだろう。これに対し中国は「判決の無効」を声高に唱え、対決姿勢を鮮明にしているが、今後の展開について主として軍事的観点から所見を披露したい。

 今回の判決の核心となったのは、中国が主張する南シナ海ほぼ全域にわたる領海化主張を切り捨て、南沙諸島には「領海・経済水域の基点となる島嶼(とうしょ)は存在しない」としたことであろう。これにより、九段線と称する中国による領海化主張は、国際的に根拠を失ったのみならず、「領海」が認められないことから、米軍が行っている「自由航行作戦」に対し、苦しい立場に追い込まれたことは否めない事実である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。