«
»

沖縄人は「先住民族」なのか

星 雅彦

異種族混交の原日本人

詩人・美術評論家・沖縄県文化協会顧問 星 雅彦

 今年の4月20日と21日の沖縄タイムスに、島袋純琉大教授が「人権侵害に基づく辺野古問題」と題して、「国際法で考える」という論考を発表していた。

 その冒頭で、「国連や国際機関においては、(中略)真摯(しんし)な議論を経て、沖縄の人々を『先住民族』であるとする共通認識がすでに確立している」と述べているのだ。

 率直に言って、その共通認識は仲間内での認識ではないのか。

 去年の9月下旬に、沖縄の翁長知事がジュネーブの国連人権理事会で、「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」と演説して、強い反発意見などが出て話題になったが、そのときの報告の中で、国際NGOが「沖縄県民は先住民」である、と一部の有志が国連に訴え続けていたこと、また日本政府に再三に渡って国連勧告を出していたことなどが判明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。