ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「人口減の脅威」を再論する

尾関 通允

国内市場狭小化の恐れ

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 日本は今日、まぎれもなく史上初めての「飽食の時代」のさなかにある。例えば、テレビやラジオ。本番とCMを含めて早朝から深夜まで飲食物がらみの放映・放送が実に多い。中には、各地の名産品をスタジオへ持ち込んで放送・放映担当者が“珍味”と称し、飲食して見せつつ「おいしい」と視聴者にいってみせる、CMだか本番だか判別しかねる紛らわしい事例も珍しくはない。

 飽食はまた、大衆人気を呼ぶスポーツ界や芸能界にも好影響を及ぼしている。活躍の目立つ有能スポーツ選手や人気度の高い芸能人にとって、今日ほど高収入を得ることのできる時代は、かつてなかったことだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。