«
»

米フォード政権の中東政策

佐藤 唯行

イスラエルに強硬措置

獨協大学教授 佐藤 唯行

 米・イスラエル関係はフォード大統領の時代(1974年8月―77年1月)、険悪化の度合いを強めていった。その度合いは最悪の時期だったアイゼンハウアー政権期に次ぐレベルであった。何故ならフォードはイスラエルに対する軍事・経済援助を半年間も停止してしまったからだ。

 とはいえ、若手議員時代から副大統領在任時までフォードは一貫して軍事援助を支持し続けてきた名高い親イスラエル派だったのだ。それ故、在米ユダヤ指導者層は大統領に就任したばかりのフォードを楽観視していたのだ。実際、就任当初のフォードは自分が大統領である限り、67年の6日戦争でイスラエルがエジプトより獲得した占領地、シナイ半島の返還をイスラエルに求めないと約束していたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。