«
»

サリン事件の教訓とテロ対策

濱口 和久

筋違いな災害派遣命令

拓殖大学地方政治行政研究所客員教授 濱口 和久

日本最大のテロ事件

 平成7(1995)年3月20日午前8時ごろ、東京都内の営団地下鉄内(現在、東京メトロ)で神経ガスのサリンを使用した同時多発テロ事件が起きた(地下鉄サリン事件)。この事件では13人が死亡、負傷者は約6300人にのぼり、現在も後遺症で苦しんでいる人が多数いる。

 大都市で一般市民に対して化学兵器が使用された史上初の無差別テロ事件は、日本国内だけでなく世界中を震撼させた。平成6(1994)年には長野県松本市で8人が死亡、660人が負傷する松本サリン事件も起きている。

 一連のサリンを使用したテロ事件を起こしたのは、麻原彰晃こと松本智津夫が設立した宗教団体のオウム真理教だ。麻原は本気で日本転覆を考えていたようで、様々な兵器を開発する過程でサリンの製造を行っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。