«
»

椰子の実の故郷に憂いあり

金子 民雄

南シナ海の自由を守れ

歴史家 金子 民雄

 最近の世の中は、なにか日々殺伐としていて明るいことがない。朝のニュースを聞いたり見たりしても、暗い気持ちに襲われることばかり。そんなときふと、もう数十年も昔の幼少年期の頃のことを思うと、むしろいまほど気の重くなることは少なかったように思う。なぜなのか理由は分からないのだが、夢や希望がいまよりずっとあったのではないだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。