«
»

実現性のないシリア和平案

渥美 堅持

無視できぬアサド政権

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持

 アラブ・イスラーム世界では約束したり、予定を決めたりするときには「イン・シャア・アッラー」という言葉をもって締めくくるのが恒例である。「アッラーがそれを認めるならば」というこの言葉は「全ての事はアッラーがお決めになる」というイスラーム教の基本を日常的に表現した言葉でもある。100パーセント確実に事は成れると確信していても、アラブ・イスラーム世界ではその決定はアッラーにあると考え、現実に事が成るまで信じるということはない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。