«
»

21世紀型の新しい戦争形態

小林 道憲

テロと分散に悩む世界

哲学者 小林 道憲

 今世紀は、2001年9月11日に起きたアメリカ世界貿易センターへのイスラム過激派による自爆テロ事件から始まった。その後、この国際テロ事件は世界各地で続き、昨年末も、IS(「イスラム国」)によるフランスやアメリカへのテロ事件が起きたばかりである。

 テロは、21世紀型の新しい戦争の形態である。20世紀前半は総力戦の時代であったのに対し、20世紀後半は限定戦争やゲリラ戦の時代であった。しかし、この20世紀型の世界戦争や限定戦争だけを戦争と思っていると見誤る。たとえ、これらの20世紀型戦争が何らかの形で抑止され得たとしても、テロリズムという形で戦争は残るということを、今世紀の一連の事件は教えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。