«
»

日本の宇宙基本計画の進展

青木 節子

重要な「宇宙状況把握」

慶應義塾大学教授 青木 節子

 昨年(平成27年)の1月9日、第三次宇宙基本計画が首相を議長とする宇宙開発戦略本部で決定された。初めて政策目標に「宇宙安全保障の確保」を明記しただけではない。他の二つの目標、「民生分野における宇宙利用の推進」、「宇宙産業及び科学技術の基盤の維持・強化」との関係でも、宇宙安全保障の確保を重点課題と位置付けると記された。

 開発から利用重視へと舵を切った第一次計画(平成21年6月)、自律性の確保を謳い、内容的にはほぼ宇宙を活用した安全保障の強化に迫りつつも、「安全保障」という言葉を掲げること自体は回避した第二次計画(平成25年1月)を経て、遂に宇宙基本法(平成20年)以降の日本の宇宙活動の目標と実現のための方法や過程が明確に打ち出されたといえる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。