«
»

祖母の旅立ちと沖縄戦前後

宮城 能彦

家族より御真影を守る

沖縄大学教授 宮城 能彦

 私事で恐縮だが、先日母方の祖母が亡くなった。105歳であった。祖母は明治41年旧羽地村(現在の名護市)生まれ。戦前の沖縄女子師範学校を卒業した後、約半世紀、戦前戦後を通じて小学校で教鞭をとった。

 小学生の頃は、やんばる(沖縄本島北部地域)一の秀才と言われ、進学に反対する親を説得するために学校の先生が何度も家に足を運んだそうだ。師範学校は官費、すなわち、授業料その他は無料である。先生は「入学したらお祝いに米一俵もらえるから」と説明したそうだが、貧しいやんばる地域の農家では、一時的なお米一俵より働き手のほうが大切だと言ってなかなか許してくれなかった。

 先日、宮崎駿の「風立ちぬ」を観て思い出したことがある。祖母が女子師範学校生の時に修学旅行で東京に行ったのが関東大震災の翌年で、その頃はまだ川縁に震災で亡くなった多くの人たちの亡骸が積まれたままの状態だったそうである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。