«
»

憲法9条で盲信する「平和」

竹田 五郎

軍事力を誇示する中国

軍事評論家 竹田 五郎

 現憲法公布から69年が経つが、第9条による国民の「平和ボケ」は強く、9月19日未明に参議院において野党の強い抵抗を排して成立した安保法により我が国の安全保障は強化されたにもかかわらず、これを共産党など一部党派は「戦争法」と称し、世論調査での賛成が過半数に届かない。

 安保法制の審議は、法制面が主で、国の安全保障については、残念ながら十分論議されなかった。ある評論家は、「日本の安全保障は、米国の傘の下で、憲法第9条に基づき行動し、平和を保持してきた」と述べていた。事実、これは正しいが、安全保障は将来をも予測すべきで、「日本は戦後70年間は幸運にも恵まれ、日本周辺に紛争は少なく、米国の絶大な軍事力を対日脅威に対する抑止力とし、自衛力の強化に努力した結果である」と言うべきであろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。