«
»

国を危うくする反安保世論

竹田 五郎

日米同盟は日本の命綱

軍事評論家 竹田 五郎

 安全保障関連法案は参議院において審議中である。国民の理解を得て、成立することを切望する。しかし、世論は法案に反対が優勢である。戦後、平和教育の偏向が、今日の惨状を招いたといえようか。憲法は、国の独立、繁栄、国民の幸福を図るための基本法である。自衛権(個別的及び集団的)は国の重要な権利であることは国際常識である。しかし、日本国憲法はこれを明確にしていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。