ワシントン・タイムズ・ジャパン

戦後70年に宿る精神的遺産

小林 道憲

インドネシア識者が評価

哲学者 小林 道憲

 2010年、85歳で亡くなられたインドネシアのアリフィン・ベイ氏は、第2次大戦中、日本政府が東南アジアから招いた南方特別留学生として来日、広島文理大学に留学中、被爆。その後、日本に約30年間滞在、筑波大学、神田外語大学の教授を務めた後、離日。マレーシアのマラヤ大学教授、インドネシアのナショナル大学日本研究センター所長などを務められた。親日派の国際政治学者であった。このベイ氏が、その著『魂を失ったニッポン』の中で、次のように言っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。