«
»

辺野古基地建設を推進せよ

竹田 五郎

中国側に「回収」の狙い

軍事評論家 竹田 五郎

 5月18日付東京新聞は1面トップで、「3万5000人『屈しない』」と、特別大書して、辺野古基地建設反対の沖縄県民大会の状況を報じた。参加した作家の佐藤優氏の所見を後日、同紙の「本音のコラム」に掲載している。翁長(おなが)県知事は、沖縄の方言である「琉球語」で「沖縄人をなめるんじゃないぞ」という意味の批判をしたといい、沖縄では国家公務員を含め辺野古新基地建設の抵抗を強化すると述べている。

 「日経紙」5月の世論調査によれば、移設反対は4月より1%増の48%、賛成は3%減の33%であった。政府は、法に基づき粛々と整備を進めると決意は固い。私も沖縄の日本復帰1年後、約1年半の短期間ではあったが、南西航空混成団司令として勤務し、知人も多く、沖縄県民の心情は理解できる。しかし、その後の増大する中国の脅威を予測すれば、同基地の建設は、沖縄のためにも必要と信じる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。