«
»

評価すべきG7での安倍外交

太田 正利

国際政治に存在感示す

評論家 太田 正利

 6月7日からドイツ南部のエルマウ城で開催された先進国7箇国首脳会議(G7サミット)における首脳同士のやりとりは、日本が国際政治におけるプレーヤーになったことを示す。つまり、ここに日本の新しいイメージが生まれたとも言い得よう。

 そもそも「サミット」とは、ジスカールデスタン仏大統領の提唱で、1975年パリ郊外のランブイエで開催されたものだ。当時の参加国は米、英、仏、西独、伊、日本の6箇国で、その際は石油危機後の世界経済の安定が課題、つまり経済政策の協調が中心的議題だった。第2回からはカナダ、第3回からはEC委員会が参加、第5回は日本で開催された(日本における開催は他に86年、93年、00年、08年。16年には三重県志摩市が予定されている由)。ソ連崩壊後は第24回(98年英国)からロシアを交えて「政治サミット」の性格が強まり、地域紛争問題も大きな比重を占めるようになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。