«
»

日米防衛指針見直しに期待

杉山 蕃

一層の防衛協力体制を

元統幕議長 杉山 蕃

 安倍総理訪米に際してオバマ大統領との間で合意される「日米防衛協力の指針」(ガイドライン)の見直し作業実施について報道されている。先の集団的自衛権一部容認に係る閣議決定、関連法整備に係る検討の進捗(しんちょく)、中谷防衛大臣とカーター国防長官の会談など一連の事前調整の下で合意されるもので、誠に結構な成り行きと考えており、若干の所見を披露したい。

 日米防衛協力の指針は、昭和51(1976)年当時「国力国情に応じ斬新的に国防力を整備する」としていた我が国防衛力整備に関し、「基盤的防衛力」という概念を確立、整備目標を明確化したのに続き、53年日米防衛協力の指針を明示して、我が国防衛のあり方を明解、堅実に示した画期的作業であったと考えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。