«
»

集団安保は積極的平和主義

竹田 五郎

首相に期待する再検討

軍事評論家 竹田 五郎

 安倍総理は通常国会で野党議員の質問に対し、武力行使目的の集団安全保障には参加しないと答弁した。

 ところで、2月22日付産経新聞に中静論説委員が「『強靭な国』へ体質を転換せよ」と、次のような要旨の論文を展開している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。